忍者ブログ
25 September

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

09 July


江戸時代以前、花見といえばサクラではなくウメであった。ウメは、サクラやモモの花と比べて華やかさはないものの、一節に一つの花しかつけないその風貌は、日本古来のわびさび謙虚さを感じることができる。日本の心の木はウメなのかもしれない。

PR
09 July

ベトナムの夜


経済発展がめまぐるしいベトナム。市民の多くはバイクを利用して移動する。夜になると大量のヘッドライトが夜のホーチミン市を明るく照らす。2人乗り、3人乗りはあたりまえ。50ccのバイクで5人乗りしている人もいる。この活気がベトナムの経済成長を支えているのかもしれない。

08 July

つくばい


つくばい(蹲踞、蹲)とは日本庭園の添景物の一つで露地(茶庭)に設置される。茶室に入る前に、手を清めるために置かれた背の低い手水鉢に役石をおいて趣を加えたもの。手水で手を洗うとき「つくばう(しゃがむ)」ことからその名がある。
もともと茶道の習わしで、客人が這いつくばるように身を低くして、手を清めたのが始まりである。茶事を行うための茶室という特別な空間に向かうための結界としても作用する。
08 July

みんな丘がだいすき


丘(おか)は、その周囲より高いが、山よりは低くかつ傾斜のゆるやかな地形である。山と丘の区別は明確ではなく、この定義に当てはまる地形であっても「山」あるいは「山岳」と呼ばれる場合もある。小山(こやま)と呼ぶこともあり、その意味では広義の山に含まれることになる。
多数の丘が連続して存在している所のことを丘陵(きゅうりょう)という。
        
  • 1
  • 2
  • 3